エロチャットの良いとこ悪いとこ   >   自殺を防止する機能

自殺を防止する機能

銃

ネットワーク中立性に関しての規制の仕方が変わってしまうと、インターネットを利用しているライブチャットやエロチャットにも大きな影響が出るかもしれませんが、ここでは他にも問題になっているライブチャットについての話をご紹介したいと思います。

今、FacebookではAlを使って自殺を防止する機能に力を入れています。このきっかけになったのが、Facebook上で起きている自殺です。しかもその自殺のいくつかはライブ配信され、他者が視聴している中で自殺したものであると言います。

2017年10月にはトルコでこのような自殺が起きました。ある男性がライブチャット上で拳銃を取り出し、自分のこめかみに向けて撃ちました。視聴者はその男性に止めるように言いましたが、結局男性は床に倒れて亡くなってしまったそうです。

原因は、娘が婚約する際にその男性の了承を得なかったことで、男として扱ってくれなかったと思い、自殺したという事です。彼の娘は、婚約をする時に父の承諾を得ておらず、誰も彼が生きていることを言わなかったそうです。多くの人に存在を無かったことにされて限界が来たのか、自殺という行動をとってしまいました。

子のようなライブチャットを使った自殺は、自殺を見世物にしたり、美化してしまうという問題を含んでいます。今回亡くなった男性も、ライブチャットのなかで「誰かがこれをショート呼ぶかもしれないが、誰もこんなこと経験したくないだろう」と発言しています。

Facebookはこれに対して、「深い悲しみ」という言葉を残していますが、ライブチャットをこのように使う事で、ライブチャットのありかたが見直されるきっかけになっています。AIを使いこのような悲惨な事件が二度と起こらないようにしなければいけません。

皆さんもエロチャットを使用している時に、このようなことに巻き込まれないよう、きちんと整備されたサイト使うのが良いでしょう。